三井ホームの口コミや評判

 最終更新日:2024/05/16

三井ホームの画像

おすすめポイント ・経験豊富な営業担当が対応
・モデルハウスで戸建てライフを体感できる
相談スタイル 来店・オンライン
対応時間 記載なし
料金 記載なし
特典 モデルハウス来場予約で「ヒノキのアロマブロックセット」または「木製スマホスタンド」プレゼント
※三井ホームに初めてご来場の方に限る
問い合わせ メールフォーム
会社情報 企業名: 三井ホーム株式会社
住所(本社): 〒163-0453 東京都新宿区西新宿二丁目1番1号 新宿三井ビル53階
電話番号(代表):03-3346-4411

「木造の進化」を目指し事業を拡大しつづける三井ホーム。三井ホームが手掛ける木の強みを存分に活かした住宅は耐熱・断熱性に富み、体への衝撃を和らげるなどの効果があります。本記事では三井ホームの住宅へのこだわりについて、最新システムや断熱性、耐熱性などなど幅広く解説します。

全館空調システムを導入!心地よい空気が通う住空間へ

ここでは三井ホーム独自の広さ単位である「立米」と、全館空調システム「スマートブリーズ」について解説します。

平米(へいべい)から立米(りゅうべい)へ

平米は縦×横=面積を表しますが、三井ホームでは立米として縦×横×高さ、すなわち体積で家の広さを定義します。

平面で見た時の広さだけでなく、家全体を立体空間とした家づくりは、無駄な空間を省き快適なスペースを広々と活用できます。三井ホームの「〇〇坪にとらわれない住宅の広さ」はこのような考え方から生まれるのです。

圧倒的な有効空間量

三井ホームが作る家は有効空間量、すなわち暮らしの中で居住空間として使えるスペースの量が違います。

一般的な家づくりでは無駄となるスペースも三井ホームの手にかかれば、空間を全て使った設計が可能です。

立米を可能にした全館空調システム「スマートブリーズ」

三井ホームが立米を導入できた理由には、全館の空気を循環するシステムである「スマートブリーズ」があってこそ。ここではスマートブリーズの凄さについて解説します。

スマートブリーズが導入された家では、ホコリやウイルス、花粉が少なく、どこにいても綺麗な空気を吸って生活できます。ココロとカラダのどちらも心地よい暮らしを実現しています

家中を換気するスマートブリーズは、家の温度・湿度も一定に保ちます。そのため、廊下や階段、脱衣スペース、トイレなどの温度差があまりなく、ストレスをほとんど感じません

また、近年増えているヒートショックは家中の温度差が原因で起こっています。スマートブリーズがあれば、ヒートショックが起こる心配も少なく、高齢者の方でも気兼ねなくお風呂に入れます

全館空調実績NO.1

M&Aによって行われた木造住宅在住者を対象とした調査で三井ホームは「全館空調導入者数NO.1」「全館空調導入満足者数NO.1」を達成しました。

耐震性・断熱性・耐久性に優れた住宅建築

家の広さに新たな考え方を導入した三井ホームですが、もちろん耐震性・断熱性・耐久性にもこだわりがあります。ここでは三井ホームの耐震性、断熱性、耐久性を解説します。

耐震性

三井ホームは住宅の基礎に一般的な布基礎ではなく、ベタ基礎を採用しているため、鉄筋量は東日本大震災時の2階建ての住宅の約2倍となっています

また、あらゆるところにトラス構造を採用し、横からの力に強い家づくりを行っています

具体的には、木と木を繋ぐ接合プレートは、一枚で4tを支えられる耐力のあるものを採用、壁にはBSウォールという耐衝撃性がある素材を使用し、飛来物にも強い住宅となっています。

屋根には国産で開発されたダブルシートパネルを設置します。大型車の2.4tが屋根に乗っても耐えられる強度があります。

断熱性

木は鉄に比べて熱伝導率が低く、温まるまで時間がかかります。そのため熱が外から伝わってもすぐに暑くならず、夏でも快適に過ごせます。

また、住宅の壁や屋根には高性能な断熱材を採用し、夏には外の太陽熱を遮断し、冬には内側の熱を逃がさない構造になっています。

耐久性

三井ホームが考える耐久性は「時間の経過に対する家の美しさ」です。どれだけ時間が経っても家が劣化しない、これこそが三井ホームが目指している住宅の耐久性です

耐久性を高めるために三井ホームでは、低含水率木材を採用し、木材の反りや変形を抑えたり、住宅の下に換気口を取り入れ、木材が腐るのを防止したりしています。

また、先述したBSウォールは、湿気にも強く、外気の湿気を徹底的に排除します。

60年点検・保証システムで安心安全

三井ホームは家をいつまでも綺麗に保つために、60年点検システム・60年保証システムの2つを展開しています。ここではそれぞれの点検システムについて解説します。

60年点検システム

60年点検システムは建物の引き渡し後60年間、10年ごとに点検を行い、建物の品質を保つシステムです。2年、10年、20年、30年の点検は無料となっているため、長く品質をチェックできます。

60年保証システム

60年保証システムは定期点検の結果次第で有料メンテナンスをすることにより、基礎と構造を60年間保証するシステムです。

60年品質保証となっていますが、点検結果によっては有料メンテナンスが必須となる点には注意が必要です

またバルコニーは10年ごと、木製サッシの防水じゃ5年ごと、防蟻処理は10年ごとに、別途で有料メンテナンスが必要になるケースもあります。

まとめ

本記事では三井ホームの特徴として、三井ホーム独自の広さ指標である「立米」や全館空調システムである「スマートブリーズ」、建物の耐熱性や耐震性などを解説しました。

三井ホームは金属やコンクリートではなく、ぬくもりを感じられる「木造建築」に重きを置いた建築会社です。木造建築は弱いというイメージがありますが、本記事で少しでも木造建築の強さや魅力に気づいていただければと思います。

三井ホームの口コミ・評判を集めました

匿名

こだわりの素材が用いられるところ

これまで家に関しては散々悩まされて続け、ついに有名ハウスメーカーのこちらに頼むことにしました。良かった点ですが、まず対応力が格段に違います。たぶん、あちらにとっては普通の接客なのかもしれませんが、私自身はVIPのように扱われていると感じました。さらに決め手となったのが、住宅に用いられる材料や仕上げの数々、多少割高となるのですが、結果的に景観を損なわず長持ちしてくれるので、十分なコストパフォーマンスだと思ったことです。

引用元:https://minhyo.jp/

スタッフの対応の丁寧さや建物の品質の良さに満足だったようです。三井ホームの耐震性・断熱性・耐久性のこだわりや、家を長期的に綺麗なまま保つことができるように10年ごとの点検サービスがある点もおすすめポイントです。
家づくりの悩みは相談窓口で解決!

「何を基準にハウスメーカーを選んだらいいのかわからない。」「家づくりをする際にどういった性能が必要なの?」

住宅購入の専門家が疑問や不安を解消して、最適な住宅選びをサポートしてくれるので、住宅購入を検討している方はぜひ一度利用してみてください。

おすすめの相談窓口の紹介画像
おすすめの住宅相談窓口はこちら

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

「広い庭がほしい」「生活動線がスムーズな家にしたい」など、憧れのマイホームに夢を抱く方は少なくありません。注文住宅は自由度が高いので、自分たちの希望を存分に詰め込むことができます。 一方で、
続きを読む
先進的窓リノベ2024事業とは、環境省が実施する高い断熱性を持つ窓のリフォームへの補助金制度です。条件を満たすことで、リフォームにかかる工事費用に関して最大200万円の補助金が受け取れます。
続きを読む
地球温暖化やエネルギー問題が世界的な課題となる中、日本でもカーボンニュートラルや省エネ化が推進され、環境に配慮した住宅づくりが大切とされています。住宅のカーボンニュートラルや省エネ化を達成す
続きを読む